2005年12月13日

さあ、いよいよ来るぞ!アメリカ産牛肉!

なんか朝日に
「日本国憲法」に始まり、またもアメリカに押し付けられた・・・みたいな事が書かれてたらしいけど、はっきり言っておきます。

「この国はアメリカの属国ですから!!」


米産牛肉輸入2年ぶり再開決定 18日空輸第1便
2005年12月13日 (火) 02:58


 BSE(牛海綿状脳症)の発生で輸入が停止していた米国・カナダ産牛肉について、政府は十二日、正式に輸入再開を決めた。農林水産省が同日のBSE対策本部で再開を決めるなど同省と厚生労働省が必要な手続きを終了した。これを受け米国食肉輸出連合会は日本向け牛肉の輸出再開の第一便が米国時間の十七日に米国を出発、十八日にも日本に到着することを表明。輸出に向けた作業が早速、本格的に始まった。

 禁輸解除の対象は、BSEに感染しにくい生後二十カ月以下で、BSE病原体が集まりやすい脊髄(せきずい)などの特定危険部位(SRM)を除去した牛の肉に限定。米国などは日本向けに輸出できる食肉処理施設の認定などに着手する。その後、輸出用の食肉処理が本格化するが、十八日に第一便の牛肉が到着する成田空港では貿易再開を祝う式典を開催する予定だ。


 農水、厚生労働の両省は米国やカナダが輸入条件を順守しているかどうか確認するため、十三日から専門家を現地に派遣し、日本向けの食肉処理施設の状況を査察する。


 しかし、食品安全委員会主催の意見交換会では輸入条件が順守されるかどうかについて、不安や疑問の声が相次いだ。


 農水省BSE対策本部長の宮腰光寛副大臣は会見で、「輸入条件の順守を確認する査察、国民への情報提供、原産地表示の推進など食の安全・安心の確保に向け、全力を挙げる」などと話した。


はいはい、どうぞもう勝手にやってください!!

貿易再開を祝う式典


こら!!小泉!!

お前、どこの国の利益を代表してるんや?


一番腹が立つのが、こいつがいつもやる手段

「専門家を集めてどうか聞いて(諮問)そいつらがどんな結果を持ってきて(答申)も<専門家の意見として>重く受け止め、粛々と実行する」

と、いかにも


「俺は専門家の意見に従って進めただけや!!」

みたいに、別の次元に雲隠れして、他人事みたいに事を進めることや!!

それで、そこに思いっきり圧力をかけて事実上がんじがらめにさせるんやから始末が悪い。


でも、

結局それを受け入れるか否かは

消費者自身なのは間違いのないところ

要は、誰も食べなかったら事実上輸入しても売れなくなるわけで、

さあ、みんな!!

スーパー行ってもレストラン行っても、肉を見るたびに

「これ、アメリカ産入ってますか?」

って聞きましょう!!

ものすごく巧妙に入り込むから、注意して、いちいち「うざい!!」と思われるくらいまで頑張れば、なんとかなるぞ!!

(でも、実際は無理やけどな。ミンチ肉の中に混ぜられて更にカツにでもなったら、さすがに喫茶店のランチなんかではわかるわけないし)
posted by ぼやきんぐ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10631114

この記事へのトラックバック

現代栄養学の間違い。牛乳・チーズ・卵は危険!
Excerpt: 日本人の食生活欧米化の裏には「アメリカ小麦戦略」が。その結果、日本は食糧輸入大国化、成人病患者の増加という危機に晒されている!
Weblog: 【身体と心と世界を癒す!】
Tracked: 2005-12-20 19:51