2006年04月23日

<阪急HD>阪神株TOB来週決定

しかし、村上ファンドって結局ろくなことせんな。

俺は別に「阪急タイガース」になんかなるわけないと思ってるし、阪神の親会社が阪急やからいうて普段の生活が何ら変わるわけないし、どうでもええっちゅうたらええねんけど、その結果、果実が「村上の懐に入った金」だけっていうのが無性に虚しい。

どうせやったらみんなに喜ばれるような銭の儲け方せえよ!!

阪神電ヤ.jpg

hankyu.jpg


<阪急HD>阪神株TOB来週決定 村上ファンド応じる公算

 阪急ホールディングス(HD)と阪神電気鉄道との経営統合問題で、阪神の筆頭株主の村上ファンド(保有比率約46%)が阪急の阪神株公開買い付け(TOB)に応じ、両者が合意する公算が大きくなったことが21日、分かった。阪急は来週の取締役会で、TOBの実施を正式に決める。昨年9月に村上ファンドによる阪神株の大量保有が明らかになって以来、経済界やタイガースファンを巻き込んで物議を醸した問題は決着に向かう見通しになった。
 TOB成立後、阪急は阪神と共同持ち株会社方式で経営統合。不動産やサービス、流通など事業ごとに再編して経営効率を高める。鉄道会社は現在のまま阪急電鉄と阪神電鉄とし、阪神傘下のプロ野球球団・阪神タイガースは名前も組織も現状のまま運営する。両社は大阪―神戸間を拠点に事業展開してきたが、統合で一体運営に乗り出す。
 TOBは、村上ファンドの同意を得た上で実施する。手法は時価(市場価格)を下回る価格を提示する異例のディスカウントTOBになる見通し。時価を下回る提示は、阪急が阪神株の現在の価格が割高と考えているのに加え、買い取り先を村上ファンド保有分に事実上限定するのが狙い。阪急は取得資金も抑制できる。資金は銀行融資や新株発行などで調達する。
 阪神株は、村上ファンドの大量取得前の400円台から高騰し、1000円前後で推移している。村上ファンドが保有する阪神株の時価総額は2000億円規模に達している。平均取得価格は650円前後とみられ、仮に900円で売却に応じても、500億円規模の利益を得られる計算だ。
(毎日新聞) - 4月22日3時3分更新




最初にこの話がマスコミに出たとき、俺は「村上」に対して別になんとも思わんかった。「阪神電鉄」という会社の経営がヘタレなのは関西人なら誰でも知ってる。関西私鉄の雄というか老舗中の老舗「阪神グループ」に比べたら「阪急」なんてのは新興もええとこで、今では「山の手・阪急」っていうてるけど、当時は当たり前の事だが「海岸線=下町」こそが経済の中心で、神戸線を考えたらわかるけど、山の手なんて人すらもいなかった。それがあれよあれよという間に阪急に抜かれ、日本で一番線路の短い電車みたいな称号で称えられるようになってしもたし、グループで成功したのは「タイガース」だけっちゅう体たらくは、まさに経営の責任以外の何物でもない。そしてその最たる例が「阪神タイガースのお家芸=お家騒動」で、その結果、長い間ファンを「最下位」という屈辱にあわせ続けてきた。

俺なんか、ここ一番で弱気になるのは絶対「阪神ファン」やったからや!

って言い切れるで。

だってそうやろ?いつも最初はええもんの、高校野球の頃から負け続けて、そして「天王山」と言われる試合には尽く負け続ける。3連戦で1勝でもしたら優勝みたいな試合では必ず3連敗する・・・

そら毎年毎年見せられたら誰でも「最悪の事態を想像して」その時に自分が傷付かへん方法(言い訳)を予め考えとくわな。そしてそれが実生活でも行われるようになる・・・不幸や!

途中から最初どころか開幕からダントツ最下位やったもんな・・・


で、村上。

お前!灘中に阪神で通ってたから愛着

があったんちゃうんか?


それとも愛着があるから変なとこに売らんと、阪急に売ったんか?

俺はヘタレな阪神の経営陣がビビッて経営するくらいが丁度ええわ!って思ってたんや。それがほぼ過半数も握りやがって!!

いや、過半数があかん!って言うてるんとちゃう!!

実際に経営する気がないのに

過半数とってどないすんねん!!

って言うてんねん。


でもまあ、「阪急」でよかったか。どうせ「能勢電」も「神戸電鉄」も「北神急行」も「北大阪急行」も実際は「阪急」やしな。俺は「小林一三氏」は尊敬してるしな。

大体最初に阪急電車神戸の山の中に通した時の宣伝は
「いつもすいてる阪急」
やったし、電車の運賃稼ぐためにターミナルにデパート作ったんも、住宅開発したんも、イベント(歌劇団)作ったんも、またデパートの最上階に催事場設けて「シャワー効果」いうて段々下に下ろして売り上げ稼ごて思いついたんも、自動改札機も

全部阪急が最初やもんな。

東急の五島なんか、「阪急をそのまま東京でまねた」だけやっていうことやし、ダイエーの創業者中内功も「阪急さんのやり方をそのままスーパーでやった」って書いてたし、なんやかんやいうてもすごいな。

あと、確か「女性専用車両」を最初考えたんも、ラッシュ時の座席跳ね上げ考えたんも阪急とちゃうかったっけ?(ちょっと自信ないが)

っていつの間にか阪急の宣伝になってしもた・・・

でも、マジで電車の車両自体も阪急のあの気品のあるカラーと、座席のグリーンのさっとなでたらミンクのように気持ちいい肌触りも日本一やと思うで。だって最初に「東急」乗った時、正直がっかりしたもん。普通の電車やん!って思ったし。
posted by ぼやきんぐ at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へー!ほぉー!と驚く事ばかりです。
最初に乗った電車が阪急だったのに阪急の事
全然知りませんでした。
最初に乗ったからかどうかは分かりませんが、
他の電車を乗り継いでどこかへ出かけた時に
阪急に乗ると何となくホッとするんです。
もしかするとあの車体のカラーリングに
木目調の内装とすわり心地のいい座席の
せいだったかもしれませんね(笑)
Posted by Code2039 at 2006年04月25日 08:34
Code2039さん、まいど!
阪急=小林一三はやっぱりすごいですよ。山梨のど田舎(中田ヒデの出身地の辺)から出てきて銀行員経由でこれですからね。東宝やコマ劇場も考えたら強烈ですね。そもそも「大阪」の中心と阪急梅田って結構距離ありますよね。最初阪急梅田駅ってむっちゃ辺ぴやったらしいですよ。でもそこを3番街とかナビオとかファイブとか街で固めて何の違和感もなく駅まで誘導するこのセンス、そしてやがてそっちをメインにしてしまう能力、阪急とは何の所以もないですが客観的に評価します。
あと、明治の財閥鮎川氏(日産の元)が代金回収が上手く行かずに相談した時に、「お前アホやな。最初に銭取ってからサービスを提供せんからそうなるんや!」って言うたらしいですしね。「俺は先に金貰える事業しかしてない」って、確かに考えてみればそうですよね。
う〜ん、奥が深い・・・
Posted by ぼやきんぐ at 2006年04月25日 23:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16960469

この記事へのトラックバック