2006年05月25日

神様・仏様・社会保険庁様

怒りというよりも思わずニヤけてしまうこのネタ。

いかにも俺様向きのネタが降って湧いてきましたよ!

昨日のことやけどな(悲)

ミ会保険庁.gif


年金保険料、4万人分以上を不正免除・猶予 社保事務所
2006年 5月23日 (火) 01:03


 国民年金保険料の未納者が急増しているなかで、各地の社会保険事務所が、本人の申請があったかのように偽装し、無断で保険料を免除したり、納付を猶予したりしていたことが22日、明らかになった。保険料の未納率を低く見せかけるための組織的な操作とみられる。大阪社会保険事務局では3万7406人分の免除などを不正に決定して通知。同様の不正は、長崎県で5219人分、東京都でも77人分あり、計19事務所で4万2702人にのぼる。各事務所は関与した職員を処分する方針で、今国会で審議中の社会保険庁改革関連法案の行方にも大きな影響を及ぼしそうだ。

 国民年金の保険料をめぐっては、損保ジャパン副社長から社会保険庁の初の民間人長官として登用された村瀬清司氏が、納付率向上を最大目標に掲げており、現場では目標達成を強く迫られていたとされる。

 大阪社会保険事務局によると、不正に保険料の免除や納付猶予を決めていたのは、管内21の社会保険事務所のうち、淀川、天王寺(いずれも大阪市)、堺東(堺市)、守口(守口市)など6市16カ所。

 各事務所は昨年11月〜今年3月、市町村などからの情報に基づいて、収入が基準を下回るなどしている免除・猶予制度の対象者を絞り込み、戸別訪問などで申請書の提出を促した。しかし、不在などで意思を確認できなかった被保険者6万3277人については、本人申請がなくてもあったものとして処理する方針を決定。その後に申請があった2万5871人を除く3万7406人について、市町村に対象者の所得を確認する手続きを実施した。

 一部の自治体には、社会保険事務所の職員が勝手に署名して偽造した申請書を示し、手続きを進めるよう要請。4月末までに、全員の保険料免除や納付猶予の決定通知を送ったという。

 一連の不正により、同局管内の未納率は実際の42.1%から40.4%に下がる効果があった。

 長崎社会保険事務局管内では、長崎北(長崎市)と諫早(諫早市)の事務所で、免除・猶予対象者からの申請がないのに処理した。同事務局によると、両事務所は昨年11〜12月、対象者5846人に、免除申請の意思があるかどうかを確認するための文書を送付。うち5219人は申請しなかったが、免除・猶予処理をしたという。

 東京社会保険事務局管内では、東京都中野区の77人に対し、申請なしに免除手続きをしていた。

 同事務局によると、中野社会保険事務所の職員が4月、免除対象に該当する未納者137人に免除申請を勧める文書を配達記録付き郵便で送付。その中で「連絡がない方は(免除を)希望するとみなして対応する」と書き、期日までに回答のなかった77人分の免除手続きをした。「免除を勧めるため、何度訪問しても会えない。未納のままでは年金が受けられなくなる」と担当者が提案し、事務所長も了承したという。

 国民年金法は、保険料免除・猶予の手続きは「被保険者からの申請」が前提と定めている。

 大阪社会保険事務局は「本人から申請がないケースが相次ぎ、被保険者の年金受給権を守るためだった」と説明している。保険料が免除されれば、将来、全額支払っていた場合の3分の1に減額されるものの年金が受けられるようになる。

 国民年金保険料の免除手続きをめぐっては、今年3月に京都社会保険事務局で、京都市内に住む未納者8227人に対して本人に無断で免除の手続きがとられていた事例が発覚した。同様の事例があるとの指摘を受けて内部で調査した結果、長崎、東京の例も明らかになったという。



詳細は勝手にリンク貼るけど勝谷氏の日記が一番わかりやすいが


これまで色んな統計でやってきたんやろな


確かに分母を減らせば相対的に率は上がるからな。

多分桶川の事件やその他も同じ理屈で「犯罪そのもの」の発生件数を抑えたかったんやろな。


まあいかにも役人らしい・・・と一言で片付けられれば簡単なんやけど

民間でもこの種の数字のマジックはいわば当たり前のことで、

やり方が悪かったな!



大体大阪でやったらあかんやろ!!


おばちゃんの思うツボ


やないか!

この辺のデタラメは特に大阪、それも東大阪とかがメッカという感は否めないのもまた事実だが、


せめて大阪を避けてやってればこの最悪のタイミング(政府にとって)だけは逃れることができたのにな。


俺の持論として

「世界が100人しかいなかったら頭一人と最後一人を除けばあとはみんな一緒や」

というのがあるんやけど、

そのなかで2番になるか、99番になるかはホンマ紙一重で、

多分こういう小手先の小細工ができるか否かで差がつくんやろな。

そういう意味では村瀬やその他指示を出したヤツたちは所詮

ザコに毛の生えたようなもの

やということははっきりしたな。

そんなヤツらに年金を託さなあかんこの国の国民の不幸・・・


まぁタイゾーにも託さなあかんわけで、それよりはマシか!


しかし、こいつらも天の声・・ちゅうか、全国的にそうするように!っていう支持の元で動いててんやろ?

共謀しててんやろ?


またしても共謀罪適用のヤツ発見!!


しかし、

共謀罪ってむっちゃ便利やなぁ!!

なんでもこいやなぁ。

とはいうものの

共謀罪ネタで遊んでられるのも成立前だけやろなぁ


俺もやられたりして・・・


あぁこわっ!!!





posted by ぼやきんぐ at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック