2005年11月03日

杉村タイゾウ議員に後見人

自民党の大仁田厚参院議員から「先輩にあいさつがない」としかられるなど、相変わらず話題を振りまいている新人、杉村太蔵衆院議員の「後見人」が決まった。
 杉村氏は2日、山梨県連に所属することになり、前首相秘書官の小野次郎衆院議員(山梨3区で落選、復活当選)に付き添われて首相官邸を訪問し、飯島勲首相秘書官に報告。この席で、小野、飯島両氏が「『小泉チルドレン』が誤った道に進まぬように」と面倒を見ることになったという。
 小泉純一郎首相は記者団に「若いうちはどんな失敗をしてもいい。失敗のない人間は面白くない」と語り、「親心」を見せた。(毎日・11・3)

おい!マスコミ!!毎日他!!
「後見人」

ってなんやねん!!


確かに「後見人」の意味には
「 一般に、ある人の背後にいて、その補佐や世話をする人」
っていう意味もあるんやけど、どうも民法用語の
「法律上、親権者のない未成年者または禁治産者を監督・保護する人」
に掛けてるみたいで安易というか安直というか、ただ解りやすいだけの言葉って感じやぞ。

もちろん「未成年」=「チルドレン」=「杉村太蔵」のラインやと思うが、そもそも
『国民の信託を受けて国民全体の奉仕者として権力を行使する権利』を与えられた人間に使う言葉か?

『小泉チルドレン』が誤った道に進まぬように・・・って、おい!

杉村先生は国民の代表者であって、お前らの子供やないんやから、誤った道に行ったら次の選挙で落ちるだけやし、タイゾー先生が責任を負うのは国民に対してやねんから、それが誤っているかどうかなんて国民が決める事やろ!警察官僚あがりなんかにしょうもない知恵付けさせられて、何の面白みもない人間になったらどうしてくれるねん!!

折りしも「ブロガータイゾー」は先生なりに国民全員にわかる形で自分の仕事を公開し、今までにない斬新で若々しい「代表者」になろうとしてるのに・・・

とは言うものの

実態のところは

大仁田のストーカー行為への幕引き

を誰もがわかる形で図っただけということは百も承知で、多分それ以上でも以下でもないんやろけどな。

実際に小野や飯島が何かするとも思えんし。

まぁ時期的にもそろそろ大仁田劇場もお開きと言う事で、ちょうどええ発表やろな。


杉村太蔵・・・多分ええ政治家になるで。


えっ?絶対にありえない?・・・そうかもね。

posted by ぼやきんぐ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8936829

この記事へのトラックバック