2005年11月26日

税金は払うな!! 構造計算書偽造 もう無茶苦茶

あ〜あ、もう無茶苦茶や!!

まあ昔からわかってたことやけどな。

しかしこの国の公務員、政治家は「クズ」「カス」「鼻くそ」だらけやな。
一番まともなんが「杉村太蔵先生」に見えてしまうわ。


no431.jpg





国交省3度訪れ支援迫る ヒューザーの小嶋社長

 耐震強度偽造問題で、伊藤公介元国土庁長官の仲介で11月15日に国土交通省の建築指導課長に会った中堅マンション販売「ヒューザー」の小嶋進社長が、9日と22日にも国交省を訪れ、同課の担当者に財政支援を迫っていたことが26日、分かった。制度上、支援が難しい事情を説明する担当者に対し、怒りをあらわにする場面もあったという。
 国交省が、入居済みマンションでも耐震性に問題があることを把握したのは、指定確認検査機関イーホームズの8日の報告が最初。小嶋社長もイーホームズから自社マンションの問題を知らされ、働き掛けを始めたとみられる。
(共同通信) - 11月26日19時1分更新

ほい、政治家


<偽造計算書>平塚市の見逃し、国交相が「極めて遺憾」

 北側一雄国土交通相は25日の記者会見で、神奈川県平塚市が姉歯建築士によるホテルの偽造構造計算書を見逃していた問題について触れ、「民間機関だけでなく、地方自治体でも見過ごしがあったなら遺憾。単に民間に業務をゆだねたという問題ではなく、制度の信頼性が揺らいでいる」と、検査制度に問題があったとの認識を示した。
 平塚市によると、このホテルは01年8月に同市が建築確認し、02年6月に完成。同市が構造計算の再チェックをしたところ、1階の柱14本が必要な強度の60〜70%しかないことが分かった。大津律子市長は24日の記者会見で「構造計算書は約10センチもの分厚い書類で、3週間でチェックするのは厳しい」と釈明していた。
(毎日新聞) - 11月25日13時52分更新

ほい、役人



偽造見逃し、自治体OBが担当=ずさんな審査実態−イーホームズ・耐震強度偽装

 マンションなどの耐震強度偽装問題で、民間の指定確認検査機関「イーホームズ」が姉歯秀次一級建築士(48)が作成した構造計算書を審査した際、天下りした地方自治体OBが最終チェックを担当し、偽造を見落としていたことが25日、分かった。国土交通省は「計算過程の審査は実質的に行われていなかった」とみて、指定取り消しなどの行政処分を検討している。新たに姉歯建築士による6件の偽造も判明し、同省は「改ざんされた物件は増える恐れがある」としている。 
(時事通信) - 11月26日0時0分更新


ほい、「役人」+「天下り」の黄金伝説



しかしここまで来ると、いくら天下りだらけとはいえ、まだ「イーホームズ」の姿勢が好印象にさえ思えてくるから不思議なもんや。しかし「イーホームズ」、知ってから公表するまでの間に思いっきり葛藤があったやろな。わかった瞬間、その担当者は「あちゃ〜!!!!」って血の気が引いたやろな。
「ちょっと待てよ!いつからやろ?」
「どれくらいあるんやろ?」
「どんな人にどんな影響があるんやろ?」
「とてつもないことになるんとちゃうやろか?」
何日もあれこれ考え、寝られへん日々があったんやろな。実際にこれに関連して人も亡くなったし。

まあ、結果としてその英断というか決断は、平塚氏の市長のノー天気な「言い訳おばはん」に比べたらまだ客観的に評価されるべきやないんかな。


しかし、

おい、おまいら!

税金払うなよ!!

自営業者は徹底的に経費を計上せえ!間接税は仕方ない、せめて所得税だけでもなんとかせえ!

サラリーマンは架空でええから必死こいて確定申告で還付されるようにえげつなく控除項目を作り上げろ!

2月15日から3月15日は

1億総確定申告や!!

そこまでやったらさすがの税務署も期間内にチェックしきれへんから「素通り」や!!(平塚市のように)

えっ?

「俺サラリーマンやけど、どうやったら還付されるのかわからん」?

ええ方法があるで、


マンション買え!!



ヒューザーで!!
posted by ぼやきんぐ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック